• ホーム
  • カンジダは治療した後でも再発する可能性がありますので注意が必要です

カンジダは治療した後でも再発する可能性がありますので注意が必要です

2020年05月05日

病院で治療薬を処方してもらったり、個人輸入通販サイトやドラッグストアで購入した治療薬を用いたりしてカンジダを治した場合、もう症状に苦しむことがないだろうと思う人は少なくありません。ですが、この病気は完治したとしても再発を繰り返してしまう病気なので、何度でも症状が引き起こされてしまう可能性があることを理解しておきましょう。カンジダ症は体内にいる常在菌が原因となって引き起こされる病気でもあるので、常在菌が体内にいる限りは何度でも再発を繰り返す可能性があります。また、性行為で再び他の人から病気をもらってしまう可能性もあるので、カンジダの症状で再び悩みたくない場合は再発しないように注意しておかなければなりません。

カンジダを再発させないようにするためには、まずは他者からうつされてしまうことがないように注意しておきましょう。せっかく治療が終了したとしても性行為を行った相手が病気の場合はうつされてしまう可能性があるので、他の人から病気をうつされないように性行為のときはコンドームを使用したり感染者とはセックスを行ったりしないようにしてください。カンジダは免疫力や抵抗力の低下でも引き起こされる病気なので、普段から免疫力や抵抗力を高めるように意識しておくことも大切だと言えます。規則正しい生活やバランスの取れた食事、定期的な運動習慣などは免疫力や抵抗力の向上につながるはずです。免疫力や抵抗力をアップして再発しづらい身体になることを心がけておくことが大切だと言えます。

たとえ症状がみられなくなっていたとしても、体内に常在菌がいれば免疫力や抵抗力の低下とともにカンジダの症状が再びあらわれてしまうかもしれません。体内の常在菌がいなくなっていたとしても、カンジダ症の人と性行為を行ったときなどにうつされてしまう可能性もあります。完治したと思っていても様々な原因で再発してしまうことがある病気なので、カンジダは再発しやすいことを知って再び症状があらわれないように意識しておくことが重要です。

再発してしまった場合も初回の感染と同じように治療薬を用いて症状を改善することが大切だと言えます。1度感染してカンジダ症の症状だと判断することができるのであれば、病院を受診しなくても個人輸入通販サイトを利用して治療薬を購入しても良いでしょう。いずれの方法を選択するとしても、再発したときに早く治療を進めていくようにしてください。